VOICEVOXの利用規約

本規約は、VirVox Project(以下「甲」という)が制作した「VOICEVOX音源」(以下「本音源」という)を用いて制作された「VOICEVOXの出力音声」(以下、「出力音声」という)を利用者(以下「乙」という)が利用する際の規約について定めるものです。

乙は本音源をダウンロードした時点で本規約のすべての条項に同意したとみなされ、法的に拘束されます。

本音源の全部または一部を修正する場合、本音源の拡張を行う場合、新たな利用規約が制定されている場合は、そちらの規約を優先させるものとします。

なお、本規約は同じく次項で定義する「キャラクター」の使用条件に関して定めるものではありません。
「キャラクター」の使用については、「VirVoxプロジェクトの二次創作ガイドライン」にて定めています。

定義

「キャラクター」とは、その名称と「VirVox Project」による絵画の著作物とによって、その外観等の特徴を表現されている抽象的概念をいいます。

「本音源」とは、VOICEVOX用音源をいいます。

「音声提供者」とは、「キャラクター」の音声を提供した声優をいいます。

「利用者」とは、出力音声を利用する者をいいます。

「公衆送信」とは、公衆によって直接受信されることを目的とした無線通信または有線通信の送信をいいます。(例:ネット、ラジオ、テレビ、有線放送など)

規約の変更

本規約を変更した規約は、甲がWebサイト等で告知を行い、乙が音源の利用を続行またはダウンロードを行った時点で有効になるものとします。

規約変更以前に発表された作品の内、規約を変更することで規約違反になる作品については原則として不遡及となります。

ただし、あまりにも悪質なものの場合は公開を中止するように要請する場合があります。

保証の否認及び免責
  1. 甲は、本音源が乙の特定の目的に適合すること、期待する機能・正確性・有用性を有すること、及び不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。

  2. 音源の出力音声を利用したことに起因する直接的又は間接的な損害に関し、甲は一切責任を負わないものとします。

  3. 音源の利用によるデータの消失または機器の故障もしくは損傷、その他出力音声に関して乙が被った損害について、甲はこれを賠償する責任を一切負わないものとします。

  4. 出力音声に関連して乙と第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、甲は一切責任を負わないものとします。

利用許諾

甲は乙が本規約を遵守することで本音源の利用を許可するものとします。同意していただけない場合、本音源の使用はできません。

  1. 乙は音源を商用・非商用問わず使用することができるものとします。

  2. 乙が音源を利用する際には動画内、概要欄など任意の場所にクレジット表記をするものとします。
      例: VOICEVOX:玄野武宏(CV:ガロ)

  3. 乙はVOICEVOXの利用規約を遵守するものとします。

  4. 出力音声を音声素材として配布する際は、2.と同様の規約を素材の利用者へ義務づける必要があるものとします。

  5. ​​ただし、「VOICEVOX青山龍星」に関しては乙が企業・個人事業主である場合や企業などと契約を結んだ個人である場合、「VOICEVOX青山龍星」を使用した作品を公開した際の収益の有無にかかわらず「ななはぴ」に対し事前申請をする必要があるものとします。

使用許諾が必要な場合
  1. 乙がクレジットを外して使用する必要がある際はVirVox Projectに問い合わせた上、許可を得る必要があるものとします。

  2. 「VOICEVOX青山龍星」に関しては乙が企業・個人事業主である場合や企業などと契約を結んだ個人である場合、「VOICEVOX青山龍星」を使用した作品を公開した際の収益の有無にかかわらず「ななはぴ」に対し問い合わせた上、許可を得る必要があるものとします。(VirVox Project側に許可を得る必要はありません)

禁止事項

出力音声の使用にあたり、以下の行為は禁止されています。

  1. 犯罪の助長を目的とした作品・サイトなどへの出力音声の使用。

  2. 音声提供者及び「キャラクター」の有する信用、品質、品位、イメージを著しく損なうような本音源を利用した音声の公開。

  3. 甲、音声提供者、及び第三者の権利を侵害する本音源の使用。

  4. 公序良俗に著しく反する内容の本音源の使用。

  5. 本音源、及び「キャラクター」の著作情報を偽ること。

  6. 本規約に違反すること。

  7. 本音源を利用し、乙以外の他者が公衆送信することを想定した音声を甲の許可なしに販売すること。(販売素材の利用で「使用許諾が必要な場合」に抵触することを避けるため)

  8. 本音源をおよび出力音声をベースとして、機械学習、転移学習やファインチューニング等で新たな音響モデルなどを生成すること。

  9. VirVox Projectに許可を得ず、VOICEVOXで出力音声を合成したことを表記せず利用すること。

  10. (青山龍星VOICEVOX限定)収益の有無にかかわらず、乙が企業・個人事業主である場合、または企業スポンサー契約を結んで、スポンサーに関係する動画へ利用する場合、「ななはぴ」に許可を得ずに出力音声を利用すること。

それ以外にも甲、音声提供者が不適当と判断した場合には、乙に対して出力音声の公開を中止するよう要請する場合があります。

準拠法

本規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。

本規約に強行法規に抵触する規定がある場合、抵触部分のみ無効となり、抵触部分は強行法規の範囲内で最も近い内容に修正されるものとします。

管轄

本規約に関する一切の紛争は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

連絡先

こちらよりお問い合わせください。